WHOLE HARMONY ホールハーモニー上大岡カイロプラクティック

ご予約・お問い合わせはお電話で

TEL:045-846-8550

ホームページを見たとお伝え下さい

腰方形筋 Quadratus lumborum

2018年4月11日

横隔膜と腰部の筋

 

 

起始  腸腰靭帯 腸骨稜 下位3~4個の腰椎肋骨突起

停止  最終肋骨 第1~3腰椎肋骨突起

神経  肋間神経 腰神経の叢の枝 T12~L3

作用  両側:最終肋骨引き下げ 片側:同側側屈

血管  腸腰動脈の腰枝

筋連結 大腰筋 横隔膜 最長筋 腸肋筋

 

スキャン_20180307 (53)スキャン_20180411

 

 

腹斜筋や腹横筋の深層部に位置する。

 

 

□特徴

 

腰方形筋・腰筋

 

四角形の薄い筋層をなし、最終肋骨、腸骨稜および腰椎間を走行する(32)。

表層の境界は一部、不明瞭である。

3つの筋繊維よりなる(32の右側)。

 第12肋骨腸骨稜間を直接走る線維群(白矢印)。

 第12肋骨と5つの腰椎横突起間を走る線維群(斜線矢印)。

 上位4つの腰椎横突起間と腸骨稜間を走る筋繊維群(編目の矢印)である。

これら3つの線維群も、腸骨肋骨部繊維群からなる後面、腸骨脊椎部繊維群からなる中間面、肋骨脊椎部繊維群からなる前面の3つの面で整理される。

一側の腰方形筋が収縮すると、同側に体幹を屈曲させる(33)。

この動きは内腹斜筋(下外側方に向く網目の矢印)と外腹斜筋(下内側方に向く斜線矢印)によって、強力に補強されている。

DFL上

LL上

 

□TP

 

腰方形筋TP

 

関連痛パターン:仙腸関節 下殿部 筋腹

TP:第1~4腰椎横突起の3横指外側

床から物を持ち上げる、上体の不自然な動き、運動中にバランスを崩す、長時間または繰り返し体幹を曲げたり、ねじったりする、脚長差、側弯症などで損傷する。

臨床上の注意:TP治療の際、患者が横になった時、胸郭が引き上げられるように患者の腕は伸展させておく。

       下肢は腸骨が下がるように伸展し、内転しておく。

       そして治療しない側の下に枕などの当て物をすると、治療する側が広がってTPを探し出しやすい。

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせはお電話で

TEL:045-846-8550

ホームページを見たとお伝え下さい