WHOLE HARMONY ホールハーモニー上大岡カイロプラクティック

ご予約・お問い合わせはお電話で

TEL:045-846-8550

施術中は電話に出られないことがありますが、
お名前、ご連絡先、ご用件をメッセージで残して下されば、
必ずこちらから連絡させていただきます。

肺炎治療後 咳が残る

しばらくぶりにいらした60代の患者さん。

2か月前に肺炎にかかってしまい、治療をしていたそうで

まだ夜は咳が出て、体調は万全ではないとのこと。

 

 

首から肩、背中と広い範囲で痛い感じがするそうだが、局所的ではない。

色々お話を伺っていると、肋骨も痛いような気がするとのこと。

長引く咳で、呼吸に作動する筋肉が疲労しているようだ。

 

咳も呼吸の激しいものなので、呼吸筋をリリースしていきます。

呼吸は簡単に言うと、肋骨を引き上げたり、下げたりする筋肉を使う動作なので

肋骨に付着している筋肉の緊張があれば、緩めるということになります。

 

 

 

 

息を吸うときに使う筋肉(肋骨を挙上する筋肉)→吸気筋群

外肋間筋、胸肋筋、横隔膜、胸鎖乳突筋、斜角筋群、大胸筋、小胸筋、前鋸筋、広背筋などがあります。

そして、息を吐くときに使う筋肉(肋骨と胸郭を下制する筋肉)→呼気筋群

内肋間筋、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、他にも腸肋筋の下部線維、最長筋、後下鋸筋などがあります。

これらを丁寧に診ていき、体をリラックスさせ、内臓もアプローチしていきます。

今回は肺です。

横隔膜も一緒に診ていきます。

これだけでは不足なので、筋膜のつながりを使い、腕からもアプローチしました。

 

 

一か月後、前回の施術の後、体が楽になったというお言葉をいただきました。

咳ももう治まっているそうです。

今まで、月に一度のメンテナンスできていただき、その中で伺っていた病歴や日常の何気ない話などから、なぜ咳が長引いてしまったのかなどを考えアプローチすることで、体全体を整えるようにしました。

患者さんとの日々のコミュニケーションを積み重ねていくことは、とても重要なことであると感じます。

 

 

2019年2月18日

腰痛・肩こり・身体の不調でお悩みなら、今すぐお電話ください

TEL:045-846-8550

施術中は電話に出られないことがありますが、お名前、ご連絡先、ご用件をメッセージで残して下されば、必ずこちらから連絡させていただきます。

美容関係・宗教関係の訪問販売や勧誘、または販売目的の来院は固くお断りさせていただきます。

月~土10:00~20:00

日・祝10:00~17:00

定休日火曜日