WHOLE HARMONY ホールハーモニー上大岡カイロプラクティック

ご予約・お問い合わせはお電話で

TEL:045-846-8550

施術中は電話に出られないことがありますが、
お名前、ご連絡先、ご用件をメッセージで残して下されば、
必ずこちらから連絡させていただきます。

棘下筋の筋筋膜性疼痛

2020年5月17日

主な症状は

・肩の前側の深部の痛み

・肩から腕(親指側)への痛み

・痛い側の肩を下にして横になれない

・痛い側の肩を上にしても横向きで眠れない

・握力が弱くなる

・肩甲骨あたりの疲労

・ブラジャーの後ろ金具が止められない

・袖に腕を通すときは、痛いほうから

など、肩の痛みと動きの制限があります。

棘下筋の関連痛は以下のように広がります。

前側の痛みが広がる部位
後ろ側の痛みが広がる部位

○肩の痛みは多くの要因から

肩が痛くなる要因は実に多く、1つでない場合がほとんどです。

筋肉によるもの、関節によるもの、骨の変形によるものなど

全部が関わっている場合もあれば、どれか1つの場合もあります。

その中でも日常的に肩、腕、手が凝る、痛い方で

臨床的に多いと感じているのが、棘下筋の筋筋膜性疼痛です。

○棘下筋とは

棘下筋は肩甲骨の下の方に付いている筋肉です。

棘下筋の位置
背中側の肩甲骨から上腕骨に付着しています。

○肩の前側に痛みがある方へ

肩の前側が痛いときに

背中側にある肩甲骨の筋肉に意識を向けることは

一般的に無いので、自覚しにくいと思います。

棘下筋は単独で障害されることは少なく

その周辺の筋肉も、障害されていることのほうが多いです。

肩関節は大きく動かせる分、安定した構造ではありません。

腕の動きは、肩周辺の筋肉が、協力連動した動きですので

どこかの負担は、全体の負担になるのだと思われます。

棘下筋からの関連痛は、手や指にも放散することがあります。

他の疾患とも混合しやすいので、注意が必要です。

腰痛・肩こり・身体の不調でお悩みなら、今すぐお電話ください

TEL:045-846-8550

施術中は電話に出られないことがありますが、お名前、ご連絡先、ご用件をメッセージで残して下されば、必ずこちらから連絡させていただきます。

美容関係・宗教関係の訪問販売や勧誘、または販売目的の来院は固くお断りさせていただきます。

月~土10:00~20:00

日・祝10:00~17:00

定休日火曜日